>>新型コロナウィルス対策のお願い

小杉湯(こすぎゆ)

昭和8年創業。美しいリノベーションや斬新な試みが話題の「小杉湯」。

昭和8年創業の小杉湯は高円寺北の人通りが多い庚申通り商店街から住宅街に続く路地を入ったところにある。
松をあしらった格天井や、漆喰の壁、そして存在感のある破風屋根作りの入り口は創業当時の姿を残し、今年(令和2年)有形文化財に選ばれた。
2代目の平松 茂さん、3代目の佑介さんだけでなく、小杉湯番頭兼イラストレーターの塩谷 歩波(えんや・ほなみ)さんなど、様々なメンバーが集まり、銭湯文化を盛り上げようと日々斬新なイベントやコラボレーションで話題を作り続けている。
メディアに取り上げられる機会も多い、業界切っての人気銭湯だ。

イベントやギャラリーなど新しい銭湯のあり方を感じられる発信基地

高円寺の若者達が集まる小杉湯のロビーは、古き良き銭湯の姿も残しながらモダンでリラックスできる空間だ。
ギャラリーのある銭湯の先駆けであり、近年は銭湯という一つの文化を中心にしながら、有名ブランドや高円寺のお店などとコラボレーションを行い注目を集めている。

最近では、小杉湯の隣にあったアパートの跡に作られた「小杉湯となり」をオープン。
様々な仕事を持つ人達が銭湯付きのセカンドハウスのように使えるようにするなど話題が尽きない。

ミルク風呂が人気、イベント限定で日本酒風呂なども登場

レトロな銭湯の魅力は残しつつ、浴室は明るく清潔感にあふれている。
にぎやかな高円寺の街にありながら、優しい色使いや高い天井、ミルク風呂やジェットバスなど充実した設備でゆったりとリラックスすることができる。

時には銭湯の開店前の日中の時間を利用してイベントも開催し、銭湯に馴染みのなかった人にもその魅力を伝える小杉湯。
日本酒風呂など近隣の店舗などとコラボレーションした限定の風呂も登場するのでぜひお見逃しなく。

お客様のニーズを読み、100年後も愛される銭湯に

「気持ちよく銭湯に入っていただくために、アメニティーを充実させて洗顔フォームまで揃えました。
フェイスタオルは無料で、今治の高級バスタオルも80円でレンタルしています」

と話すのは2代目の平松 茂さん。
細やかな心遣いでお客様のニーズを読み、3代目の佑介さんが活躍する現在の人気銭湯の基盤を作り上げた。

「これからずっと100年後も、高円寺の地元の人たちに愛され続けるような銭湯にしたいと日々考えています」

店舗情報

住所高円寺北3-32-2
電話番号03-3337-6198
※お電話は午後以降にお願いします
営業時間15:30〜25:45
土・日曜の営業時間は8:00-25:45
定休日木曜
最寄り駅中央線高円寺駅 徒歩3分
公式サイトhttp://kosugiyu.co.jp/
設備ジェットバス、バイブラ、薬湯、ミルク風呂、水風呂、立ちシャワー、自然回帰水使用、コインランドリー
電子マネー利用可

地図

SNS