>>すぎなみ銭湯さんぽスタンプラリー開催中!

「こどもの日」の菖蒲湯はすぎなみ銭湯で!

「菖蒲湯」とは

「こどもの日」「端午の節句」には菖蒲湯(しょうぶゆ)に入るという習わしがあります。
「端午の節句」は別名「菖蒲の節句」とも言われるように、本来は菖蒲が主役の厄払い行事だったそうです。
現代でも、5月5日(こどもの日)に菖蒲湯に入浴すれば暑い夏を丈夫に過ごせるとされています。

菖蒲湯の効果

菖蒲にはアサロンやオイゲノールという精油成分が多く含まれており、腰痛や神経痛を和らげる効果が期待できます。
また、独特の香りにはアロマセラピー効果もあり、心身ともにリラックス出来るそうです。

5月5日には菖蒲湯に入って、厄もサッパリ落として暑い夏に備えましょう!

開催日

杉並区の浴場では5月5日(水・祝日)に開催します。

杉並区銭湯一覧

注意事項

一部の浴場では開催日が前後する場合がございます。
詳細は各浴場までお問合せ下さい。